スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『1789』新人公演

宝塚ファン以外の方は「なんのこっちゃ?」という内容です。
たまにはちゃんと舞台の感想も書いてみようかと。

あ、ちゃんとは書けないかな。まとめるの下手なので。



何と何と、一般発売でゲットした新人公演チケット。
取れてビックリした。
そして、本公演をまだ観てないのに新人公演観劇。
(あーこの間の花組公演もそうだった・・・)
しかも一本立ての作品なので、
新人公演はカットカットの短縮版。
事前に「ル・サンク」で脚本を読んでいたので
どのあたりがカットされたのか、どういう内容か、というのは分かりました。
予習しておいて大正解~♪
印象として、群集でのダンスや歌が多いのかな、と。
そして歌うのが難しそうな曲だなぁ、と。
民衆たちのダンス・歌、本公演ではもっと迫力ありそうで楽しみです。
新公主演のアリ君、ちゃんと意識して観たのは初めてですが、
歌もしっかりしてきたし、特に不安は感じなかった。
アントワネット役の美園さんも、歌えるし、しっとりとしていて良かったです。
まゆぽんはペイロールでしたが、乞食、僧侶にもなってたし、
あーさーもアルトワ→兵士→アルトワ→兵士→アルトワと大忙し。
まあ、何と言っても、一番印象に残ったのは

ちゃぴちゃん!

民衆の中にいても、どこにいてもやっぱり目立つ。
流石トップ娘役!
久し振りにちゃぴちゃんの男役も観られたし、
この新公を観ることが出来て本当に良かった・・・と思いました。

ちゃぴちゃん、スカピンではルイ・シャルル。
1789ではルイ・シャルルの母・アントワネット。
すごいなー。


本公演観劇はまだまだ先です。
それまで埼玉の田舎にて制作活動しますかね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。